婚姻届の書き方や提出方法、ご存知ですか?|結婚の知恵袋

婚姻届の書き方や提出方法をまとめました。手続きが異なる外国籍の方との結婚や、海外ウエディングでの注意点についてもご紹介!

理想の相手と出会える結婚相談所3選

婚姻届の書き方・出し方

ここでは婚姻届の書き方から、海外ウエディングでの注意点までまとめています。これまでに書いた経験がなく、書き方や出し方がわからない方も多いのでは?結婚に必要な手続き“婚姻届”に関する疑問を、ここで解消しましょう!

婚姻届の書き方

1「.提出日=結婚記念日」になります
記入した日ではなく、役所へ提出する日付を記入します。この提出日が正式な結婚記念日になりますので、こだわりたい方は提出するタイミングを要チェックです!

2.氏名欄には旧姓を記入
2人の婚姻前の氏名(旧姓)を記入します。戸籍で旧字体が使われている場合は、旧字で書いてください。生年月日は西暦と元号、どちらでも構いませんが、アルファベットは使用できないので注意しましょう。

3.住所は住民票に記載されている住所を記入
結婚を機に新居へ引っ越す場合も多いもの。その際、新しい住所や世帯主を記入します。住所変更届(転入届・転居届)も一緒に提出してください。

4.本籍地と筆頭者を記入
本籍地の筆頭者(戸籍の最初に記載されている人の指名)を記入します。初婚ならばほとんどの場合、本人の父もしくは母の名前になっています。わからない場合は、住民票で確認できます。

5.父母の氏名と続柄
母の姓は書かなくてもいいのですが、両親が離婚して苗字が別々である場合は、それぞれ現在の氏名を書いてください。両親が亡くなっている場合も、空欄ではなく氏名を記入します。
兄弟の続柄は、長男・長女は「長」と書きます。次男・次女は「次」ではなく「2」「二」「弐」と書きますので注意してください。

6.結婚後の氏を選ぶ
現在まだ夫婦別姓は認められておりませんので、夫と妻、どちらの姓にするのかを選びます。 夫が妻の氏を選んだ場合、妻が筆頭者になり新しい戸籍が作られることに成ります。

7.新たな本籍地を選ぶ
日本国内の住所がある場所なら、縁もゆかりもない場所でも本籍地にできます。皇居を本籍地にしている人もいるそうですよ。しかし、その後書類を取り寄せる手間がかからないので新居や実家に籍をおくと楽です。また、本籍地の移動は簡単にできますが、遺産相続の際に手続きが面倒になってしまいます。移動の際には注意してください。

8.いつから同居を始めたかを記入
結婚式を挙げた日か、同居を開始した日のいずれかを書きます。ただし、どちらもまだしていない場合には、空欄で提出してもOKです。

9.職業を記入
国勢調査が行われる年度に婚姻届を提出する場合のみ記載する欄です。結婚前に一人暮らしをしていたならば自分の職業を記入。家族と同居していた場合は、世帯主の職業を記入します。

10.届出人欄は必ず本人が署名と捺印をする
この欄も、必ず本人が旧姓で署名します。印鑑は結婚前から使っている旧姓のもので捺印してください。認印でもかまわないのですが、ゴム印は使用できないので注意してください。

11.連絡先を記入
書類に不備があったときに連絡するための欄です。自宅や勤務先など、昼間に連絡のつきやすい電話番号を記入してください。

12.証人2名の署名と捺印
親や兄弟、友人など2人の結婚を知っている20歳以上の方なら誰でも証人として認められます。 もし証人を夫婦とする場合は、印鑑は別々のものを用意してもらいましょう。 欄外に同じ印鑑で捨て印することを忘れずに。

婚姻届の提出場所

婚姻届は役所や出張所に提出します。しかし、役所ならどこでも提出できるわけではありません。 提出できるのは、
1.夫または妻の本籍地
2.住所地または所在地
となっています。
所在地とは、提出時に滞在している場所のことです。リゾートウェディングで観光地を訪れている場合、滞在地の役所や出張所に提出することも可能!挙式日と婚姻届の提出日を同じ日にしたい場合は、所在地で提出するのがよいでしょう。

婚姻届の提出方法

役所に持っていくもの

1.婚姻届の用紙:1通
2.印鑑:記入内容に不備があった際の訂正印
3.戸籍謄(抄)本:本拠地ではない役所や出張所に提出する際に必要

提出は24時間365日OK!

婚姻届は365日24時間提出できます。夜間の時間外受付になっても入籍日は翌日ではなく届け出た日になるのが嬉しいですね。しかし、出張所では夜間の受付を行っていないところもありますので、事前に問い合わせることをおすすめします。記入内容に不備があった場合、連絡は後日になり受理されませんので気をつけましょう。

提出を代理人にお願いすることも可能

提出は2人が揃っていなくても、どちらか片方だけで提出できます。都合が悪くてどうしても婚姻届を提出できない場合は、代理人を立てて提出してもらうことも可能です。しかし、記入内容に不備があった場合、代理人では修正できませんので受理されません。

外国籍の場合

日本で日本国籍の方と外国籍の方が結婚する場合、2つの手続きが必要です。
1つが、日本の役所への婚姻届の提出。もう1つが相手国の在日大使館または領事館への届け出。ここでは、日本の役所への手続きを最初に行う場合を例に、どのような流れで結婚の手続きを行うか説明します。

必要な書類

・婚姻届書
・戸籍謄(抄)本:日本人の方のみ。
・婚姻要件具備証明書:外国人の方のみ。外国語で発行されるため、全文日本語訳をつける必要があります。翻訳は本人が行ってもOKです。
・パスポート:外国人の方の国籍証明に必要

外国籍の方との結婚手続き

1.役所へ問い合わせる
必要書類が何なのか確認するため、まずは役所の戸籍課に行きましょう。戸籍課担当職員に相手の国籍を伝えると、必要な書類を教えてくれます。特に注意が必要なのが、インドやパキスタン、バングラデシュといった「婚姻要件具備証明書」が発行されない国です。代わりにどのような書類を提出するのか、正式に受理されるまでの時間はどのくらいなのかを、必ず確認してください。

2.在日大使館へ問い合わせる
相手国の在日大使館または領事館への問い合わせが必要です。市役所で確認した必要料金を発行する手順、受付時間、発行にかかる料金などをチェックしておきましょう。
・「婚姻要件具備証明書」や、その代わりとなる文書を発行するために必要な書類はなにか。
・2人で申請に出向かなければいけないのか。
この2点を必ず確認してください。

3.書類を役所へ提出する
婚姻届をはじめとした必要書類を市町村役場の戸籍課窓口へ提出します。
提出された書類に不備などがなく要件をきちんと満たしていれば、その場で婚姻届が受理され、結婚が成立します。
もし法的要件を満たしていないと判断されると、書類が法務局へ送られ「受理伺い」の手続きが取られてしまいます。正式に受理されるまでに1~3ヵ月ほど時間がかかるだけでなく、法務局から直接呼出しを受けて聞き取り調査を受けなければなりません。

4.「婚姻届受理証明書」を発行してもらう
婚姻届が役所で受理されたら、戸籍課窓口で「婚姻受理証明書」を発行してもらいましょう。婚姻受理証明書とは、「日本の役所で婚姻の手続きが受理され、正式に結婚した」という証明になる文書です。在日大使館・領事館へ届け出なければいけませんので、発行を忘れずに。

5.在日大使館へ届け出る
日本の役所だけでなく、相手の国の在日大使館・領事館へも届け出が必要です。このときの必要書類は国によって異なりますので、前もって確認しておきましょう。ここでの届け出が受理されると、相手国での婚姻手続きも完了となります。
「婚姻受理証明書」は在日大使館でも発行してもらいましょう。ここでの婚姻受理証明書は、在留資格である配偶者ビザへの変更申請を行うために必要なものです。

海外ウェディングで注意すること

海外ウェディングには2種類ある

日本人が海外ウェディングで通常行うのが“ブレッシングウェディング”と呼ばれる、キリスト教式の結婚式。教会や式場では戸籍上夫婦でなければ式を挙げられないため、日本で書類を取得しておかなければなりません。入籍を事前に済ませて「婚姻受理証明書」を発行するか、または婚姻の事実が記載されている戸籍謄(抄)本の提出が必要です。
もう1つが“リーガルウェディング”と呼ばれる、未入籍のカップル限定の海外挙式。挙式を上げた国の法律にのっとって行う挙式で、婚姻記録はその国でも永遠に記録されます。日本の戸籍では「○○国○○州の方式により婚姻」と記載。メリットは、婚姻日と結婚式を同日にできることですが、入籍日は、日本の役所へ提出した日になります。その点だけは注意してください。

挙式・婚姻届・海外ハネムーン、同じ日にまとめるのは無理!?

海外へ行くにはパスポートが必要になりますよね。パスポートを結婚前に取得したのであれば、記載されている名前は旧姓のはず。婚姻届を提出すると苗字が変わってしまい、パスポートの名前が違うために旅券法違反となってしまいます。そのため、婚姻届の提出日と海外への出発を同日にするのは難しいのです。
式の当日や翌日に海外へのハネムーンを希望する場合、婚姻届の提出時期に注意しましょう。パスポートの新規発給には10日を要しますが、発給には新たな戸籍が必要です。その新しい戸籍を反映させるのにも2週間かかってしまいますので、パスポートを手にするまでに1ヵ月もかかってしまいます。海外へのハネムーンを考えているならば、手続きに時間がかかってしまうことを考慮して計画を立てましょう。

このページを訪れた人に良く読まれている記事

おすすめの結婚相談所を発表!結婚相談所口コミランキング

【免責事項】掲載されている情報は2017年1月現在のものです。最新の正確な情報については各店舗の公式サイトをご覧ください。

おすすめの結婚相談所を発表!結婚相談所口コミランキング
結婚相談所の”出会い”体験談レポート