結婚相談所とは|結婚相談所の選び方

結婚相談所はどこも同じだと思っていませんか?結婚相談所にはいくつかのタイプに分けられます。自分に合う結婚相談所を見つけてください。

理想の相手と出会える結婚相談所3選

結婚相談所とは?

結婚相談所とは、結婚を本気で考えている独身男女のために、パート―ナー探しのお手伝いをしてくれるところ。入会すると、出会いの場の提供・好感度の上がる話し方・交際から結婚に至るまでのアドバイスなど、さまざまサービスを受けることができます。ひと昔前までは、結婚相談所というと容姿が優れていない人が高いお金を払って入会するというイメージがありましたが、現在では敷居が低くなったことや、社会的な背景から結婚がしにくくなったことにより、利用しやすくなったといわれています。 日本にある結婚相談所は、大手企業から個人経営まで、すべて合わせると約4000社。在籍者は約50万人~60万人で、男女比率は6:4です。

結婚相談所でのメリット

出会いの幅が広がる

自力で異性と出会うのは限界があります。職場の男女比率が同じであるなら問題ありませんが、そうでない人にとっては大変ですよね。結婚相談所を活用すれば、希望条件に近い相手を紹介してくれるので、出会いの幅を広げられます。

結婚までが早い

結婚相談所に入会されているほとんどの人が、結婚を真剣に考えています。そのため、結婚を前提にお付き合いを始める人が多く、早い人では3ヶ月程度で成婚・退会するようです。

身分保障の徹底

結婚相談所へ入会するには、高卒や大卒の学歴や職業証明、安定した年収が必要となります。それらの情報を把握するために、「独身証明書」や「卒業証明書」「戸籍謄本」「収入証明書」などの提出を義務付けているところも。そのため、結婚相談所に在籍する会員は、一定の身分が保障されているため、安心安全な出会いを受けることができます。

「結婚相談所」と「結婚情報サービス会社」の違いって?

結婚相談所と結婚情報サービス会社の大きな違いは、主に提供するサービスです。

スタイル 結婚相談所 結婚情報サービス
メイン業務 昔ながらの仲人的サービス(お見合い・成婚) 結婚を考えている独身男女の情報提供
イメージ 受動的 能動的
アプローチ カウンセラーが仲介 自ら積極的に行う
お見合い カウンセラーが立ち会いあり カウンセラーが立ち会いなし
メリット カウンセラーが、自分のよさを相手に伝えてくれる 自分の希望条件に合う相手を存分に探せる
デメリット 成婚料が発生する 活動費用(初期費用)は前納

「結婚相談所」の種類

全国に数万人の会員がいる結婚相談所は、いろいろなタイプの人と効率良よく出会える「データマッチング型」と、交際から成婚までアドバイザーがサポートしてくれる「仲介型」。空いた時間にインターネットを利用して婚活できる「インターネット完結型」があります。
選ぶ基準でわけると、会員数の多さが特徴のデパートメント型と、手軽さが特徴のコンビニエンスストア型、手厚いサポートが特徴のブティック型の3つです。

会員数の多さで勝負!デパートメント型 手軽さで勝負!コンビニエンスストア型 少数精鋭で勝負!ブティック型
データマッチング型
(結婚情報サービス会社)
インターネット完結型 仲人型
(完全個人業者型・お見合い)
連盟・フランチャイズ型
(従来タイプ)
連盟・フランチャイズ型
(スペック重視タイプ)

どのタイプにもいえるのは、結婚相談所は高い信頼があるということ。徹底したプライバシーの保護により、安心して活動できます。 結婚相談所と結婚情報サービスをしっかりと理解して、自分に合った婚活を見つけることが大切です。どこを選べばいいかわからない人は、各結婚相談所が行っている無料カウンセリングを受けてみましょう。

このページを訪れた人に良く読まれている記事

おすすめの結婚相談所を発表!結婚相談所口コミランキング

【免責事項】掲載されている情報は2017年1月現在のものです。最新の正確な情報については各店舗の公式サイトをご覧ください。

おすすめの結婚相談所を発表!結婚相談所口コミランキング
結婚相談所の”出会い”体験談レポート